カレンダー
新着記事
新着コメント
バックナンバー
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相手に負担にならないメール返信の催促の仕方

「メールの返信がかえってこない」なんて、
悩みは毎度のこと。

そんな悩みの特効薬?を発見。
気持ちよく催促するメールの書き方。

 1.最初に謝罪をする
 2.メールを送った日時と件名を送る
 3.内容について端的にまとめる     などなど

催促メールの書き方のノウハウは、確かに参考なります。
              ↓↓↓
相手に負担にならないメール返信の催促の仕方


ついでに、「真っ先に読みたくなるメール件名のつけ方5つ」なんて、
コンテンツもありました。
こちらも確かに参考なります。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

キャリア形成にプレッシャーを感じている人へ

計画的に、戦略的にキャリアを
考えて積み重ねていかなければならないと言う
書き物や発言にチラホラお目にかかる。

これを真面目に考えれば考えるほど、
プレッシャーを感じる人は少なからずいると思う。

そんなプレッシャーから開放してくれる
ひとつの考えを紹介。

それが、
米スタンフォード大学の心理学教授の
ジョン・クランボルツ氏が研究し提言した
「計画された偶発性理論」 (Planned Happenstance Theory) という、
キャリア開発の理論。

・・・って、CDAの講習で習ったことを今頃思い出した私・・・
その講習では、「クルンボルツのプランド・ハプンスタンス・セオリー」という
文言で学んだ・・・(学んだこと、すっかり忘れていた・・・汗

ところで、本題に戻ると、
この理論が示してくれている意は、

「キャリアは不確実で、その8割は予期せぬ偶然の出来事によって支配される」 というもの。

そして、

「予期せぬ出来事が個人のキャリアを左右する。
だからこそ、その偶然から逃げるのはなく 積極的につくり出し、
その出来事を最大限利用しよう」

というもの。

そして、私が今読んでいる本の一説に、
これにプラスされるアドバイスがあった。

「ひとつ上の仕事ができる人は、訪れたチャンスを
 即座に判断して活かせる人・・・」というもの。

取り留めない・・・・

現場の心

今日は、朝6時に起きて工事者に付き添って、
実際のお客様の家にお伺いした。

社会人一年目の研修依頼のお客様宅への訪問。

工事会社の事務所に足を踏み入れたとき、
お客様のお宅に向かう車中、
お客様宅での時間、
すべてが懐かしさに溢れていた。

そして、車中やお昼の時間には、
工事に同行させていただいた工事会社の方に
仕事っぷりをあれこれお聞きし、いろんな話を頂いた。

机上では、分からない生の声にエネルギーをもらい、
忘れかけていた現場が全ての気持ちを思い出させて頂いた。

一日立ち仕事で足がだるいが、
充実した一日をすごし、
様々な働き方を考えさせられた一日であった。

事件は、現場で起きている!

ビジネスマナー振り返り

偶然、ビジネスマナーの動画を見つけてしまった。
いい機会。復習復習・・・

 ①電話対応:受け方

 ②名刺交換

 ③席の座り方

 ④指示の受け方

 ⑤いまさら聞けないビジネス用語

 (おまけ)お辞儀の仕方

それぞれ一回ぐらい確認しましょ。

今月は良く働きました””

当初1ヵ月後に経営判断を目指すという案件。

 それでも無理があって、頭にきていた案件。


遡ること、2週間前、いきなり今月中に経営幹部のオーソライズを

取るようにとの更に無茶苦茶な指示が落ちてきた・・・・あがぁ~ん。。。


イライラとムカムカを繰り返しつつ、今月の時間外の上限を本日迎えた。

そして、来週の月曜日には経営幹部による打合せ予定。

一応、目処はついたと我思う。


ふわぁあ~肩こった。良く働き、良く稼いだ。。。

星が見える名言集100
プロフィール

暁

Author:暁


google誕生(1998年)以前にインターネットに出会い、様々なHPを構築。学生時代には、ITベンチャーにてSEO(検索エンジン最適化)技術で企業を支援。社会人となり、通信事業者で様々な職種を経験し、現在は、営業企画を担う。

【趣味】便利なツール・HP・テクニック探し、陶芸、パン作り、喫茶巡り、料理、読書。英語勉強中。

お気に入り本棚
検索フォーム
Twitter
リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。